続・くまさんの輝き。

2017/12/16

くまさんの輝きの輝き、販売開始!!


私の所属する、お米の研究会、

菊七稲作研究会で試食をし続けてはや10年近く、

昨年から自分でも試験栽培を試みた。



品種自体は短幹で倒伏の心配もなく作りやすい品種のようだ。

もちもち感があり粘りも程よく、粒も丸く、甘みも艶もありおいしい。

ひのひかりに心配される猛暑時に懸念される高温障害

もあまり見受けられず、これまた問題なし。



ただ、以前にも書いたが、味がひのひかりとは全く違う。

ひのひかりを食べ慣れた人たち(特に西日本、九州)に

すんなり受け入れてもらえるかが、いささか気がかりである。

というよりも、かなり気がかりである。


ひのひかりはその独特の香り、特に鼻から抜ける香りに特徴が

あり、冷めても美味しく、たくさんの根強いファンがいる。


となると、必然的に販売戦略がかなり重要となる。


どちらかというと、コシヒカリに似ている ”くまさんの輝き”。

どこからファンを見いだしていくのか?

どこから根付かせていくのか?

何よりも、スタートが大切な気がする。


毎年、これだけ沢山のお米の新品種が出てきている昨今である。

なにより、登場している新品種はもれなくうまい!!


その中で、生き残っていくのは至難の業である。


これだけの、年月をかけて世に出した”お米・くまさんの輝き”である、

なんとかオール熊本で守り、育てていきたいと願わずにはいられない。


本格始動する前に、今一度、しっかりとした議論を深めていく

必要があるのではないだろうか。

66-1







ページの上に戻る